ひわるる、ひびく、はちわれる

【標準語】ひびが入る、実が熟し割れる

【品詞】動詞

【意味等】

(1)ひびが入るの「ひわるる」

《意味》衝撃や環境の変化で物に割れ目が入る、対人関係に生じる差し障り

《参考》語源は「罅れる(ひびれる)」の音変異

《同義》ひびく、ひわるる

《用例》
・そえなことで”友情いヒビク”やら言うごたあたあ…親友やなかっちゃなか?
 →そんなことで”友情にひびが入る”なんて言うヤツは…親友ではないのでは?
・ヒビイとったっちゃ…柿右衛門の大皿なら、金継ぎでようなして…大事いするばい
 →ひびが入っていても…柿右衛門の大皿なら、金継ぎで修復して…大切にするよ
・漆器な…乾燥やらでヒワルルけん、長う使おう思うなら…手入れせなあいかん
 →漆器は…乾燥などでひびが入るので、長く使おうと思うなら…手入れしないといかん
・干ばつで…池の底のヒワルルごと、ため池の水の…そうようのうなってしもうとう
 →干ばつで…池の底にひびが入るほど、ため池の水が…すべて無くなってしまっている

(2) 実が熟し割れる「ひわるる」

《意味》果実などが熟して割れること

《参考》「はちわれる」は、丸い実が裂け割れることから「鉢割れ」が語源と思われる

《同義》はちわれる、ひわるる

《用例》
・庭のザクロの…ハチワレとう、ビタミンやら栄養のあるげなけん…食うてんどう
 →庭のザクロが…熟し割れている、ビタミンなど栄養があるそうなので…食べてみよう
・女子の前でつやつけて…頭で瓦ば割ったが、でこのハチワレテ…血だらけいなった
 →女子の前で格好つけて…頭で瓦を割ったら、額が割れて…血だらけになった
・露地トマトやけん、収穫前の雨で水ば吸うて…実のヒワレタ、売りもんにならん
 →露地トマトなので、収穫前の雨で水を吸って…実が裂け割れた、売り物にならない
・天気の好過ぎて…えらい暑うなりよう、スイカのてっとうけん…実のヒワルルばい
 →天気が好過ぎて…ひどく暑くなっている、スイカが熟しているので…実が割れるぞ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「ああ…家宝の古伊万里が…ひび割れている」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ひ」の索引に戻る