ふみたくる、ふみちらかす、ふんだくる

【標準語】踏みにじる、踏み散らす

【品詞】動詞

【意味等】

(1) 踏みにじるの「ふみたくる、ふみちらかす」

《意味》踏みつけて足をすり動かしてつぶす、踏み殺す、踏み荒らす

《類義》ふみしゃぐ(踏んで形を潰す行為なので、若干ニュアンスが違う)

《用例》

・無農薬の畑やけん…野菜いイモブウのおるとば、見つけたんだあ…フミタクットって
 →無農薬の畑だから…野菜にイモムシがいるのを、見つけたら…踏みつけて潰しといて

・君んがたの…馬鹿インの、畑い植えたばっかしの苗ば…フミチラカイッシもうとう
 →君んちの…馬鹿犬が、畑に植えたばっかりの苗を…踏み荒らしてしまっている

・石ばはぐったら…ムカゼのおったけん、喰われんごとフンダクッテ…殺いとうけん
 →石をめくったら…ムカデがいたので、咬まれないように踏みつけて…殺しているから

(2) 踏み散らすの「ふみたくる、ふみちらかす」

《意味》踏み散らして乱す、踏んで荒らす

《用例》

・畔のツクシな…採ってよかばってん、畑ばフミタクランごと…気ば付けて
 →畔のツクシは…採っていいけど、畑を踏み荒らさないように…気をつけて

・スイカば…盗るだけやのうして、畑もフミチラカイとう…今年のスイカな、しまえとう
 →スイカを…盗むだけじゃなくて、畑も踏み散らしてる…今年のスイカは、もう駄目だ

・花ば植えとったとい、わるそうの…フンダクットう、いつか…おごらなあいかん
 →花を植えていたのに、悪ガキが…踏み荒らしている、いつか…怒らないといけない

【同義】ふみたくる、ふみちらかす、ふんだくる

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
あああああ…!アナグマに…スイカ畑が…無茶苦茶に踏み荒らされているぞ…

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ふ」の索引に戻る