へき

【標準語】肩こりのツボの筋肉

【品詞】名詞

【意味等】脇背の筋肉、肩から背中の上部、僧帽筋の周辺、肩、背中

【参考】九州各地で使われる、語源は諸説ある

・説1:肩こりを表す「痃癖(けんぺき)」が由来

・説2:オランダ語の医学用語が由来、長崎の蘭学者から派生

【関連】「へき」を使った言葉

・へきのおこる

《意味》僧帽筋の引攣

《参考》肩胛骨の運動をつかさどる筋肉が痙攣を起こし引きつること

・へきのでる

《意味》肩凝りが起こる

《参考》へき(肩から背中の上部)の+でる(痛みが出る)→肩が凝る

【用例】

・ヘキの痛かっちゃん、こわっとるごたるけん…肩ば揉んじゃらんね
 →肩甲骨の間が痛いんだ、凝っているようなので…肩を揉んでくれないかい

・あ痛たたた…ヘキノオコッタ、こらあ力仕事なでけん…大掃除な頼うどくけん
 →あ痛たたた…背中が攣った、これは力仕事は出来ない…大掃除は任せておくから

・スマホばっかし見ようけん、ヘキノデルったな…ちったあ、運動でもしてきない
 →スマホばかり見ているから、肩が凝るんだよ…少しは、運動でもしてきなさい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「へ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】

・へき
「肩こりのツボの筋肉が痛いので…これを貼ってちょうだい」
「そのポーズ…色っぽいよ」

・へきのおこる
「あ痛っ、僧帽筋の引き攣りが起こった…いててて…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「へ」の索引に戻る