ほいっぱい

 

【標準語】精一杯

【品詞】副詞

【意味等】一生懸命、力ある限り、全力を尽くして

【参考】語源は不明…「ほ(精?)+いっぱい(一杯)」、九州北部で使われる

【関連】「たくさん」の意で使う地域もあるが、博多・糸島弁ではその意味は薄い

【用例】

・電車い乗り遅りょうごたったけん、ホイッパイ走ったばってん…間に合わんやった
 →電車に乗り遅れそうだったので、一生懸命に走ったけれど…間に合わなかった

・飲み放題やけんって、そえんホイッパイ飲うだら…酔うて潰れっしまいますばい
 →飲み放題だからって、そんなに力の限り飲んだら…酔って潰れてしまいますよ

・医者いなりとうして、ホイッパイ勉強したんだあ…九大医学部い合格したやなあ
 →医者になりたくて、一生懸命に勉強したら、九大医学部に合格しちゃったよ

・あらあ、朝早うから夜遅うまでホイッパイ働くが、自分の店ば持ちたかげな…偉かねえ
 →あいつ、早朝から深夜まで一生懸命に働くけど、自分の店を持ちたいそうだ…偉いねえ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「精一杯…力を出してんの?おじさん…弱えーっ!!」
「うるせえ!!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ほ」の索引に戻る