むじゃける、もじゃける

【標準語】破れる

【品詞】動詞

【意味等】ぐちゃぐちゃに壊れる、裂ける、砕ける、大破する、木っ端みじんになる

【同義】むじゃける、もじゃける

【参考】

・「むじゃ」「もじゃ」も「もしゃもしゃ(もむくちゃ、しわくちゃ)」を簡略化したもの

・むじゃ(「もしゃもしゃ」の簡略)+ける(過去の助動詞「けり」の連体形)

・もじゃ(「もしゃもしゃ」の簡略)+ける(過去の助動詞「けり」の連体形)

【類義】ひしゃげる:潰れる、潰れ壊れる

【関連】もざくる:「もざ」も「もしゃもしゃ」の簡略、意味は、扱い回す、揉みくたにする

【用例】

・輸送いな気ばつけて…ガラス細工やけん梱包な丁寧い、モジャケタんだあ…まどうてもらうけん
 →輸送にはをばつけて…ガラス細工だから梱包は丁寧に、割れたりしたら…弁償してもらうから

・踏切で軽トラックのムジャケトう…おきなか事故やったとい、よう死人の出らんやったこったい
 →踏切で軽トラックが大破している…大きな事故だったのに…よく死亡者が出なかったものだ

・ああた、詰め放題名人やねえ…普通の人なあ、そえん詰め込んだら…ビニール袋のモジャケルが
 →あなた、詰め放題名人だねえ…普通の人は、そんな詰め込んだら…ビニール袋が裂けちゃうよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
「ごめ~ん!駅の階段で落としちゃったの!」
「誕生ケーキが…ぐちゃぐちゃになっている…」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)