部品をつけて撮影用レンズとして使う

昔、モノクロ写真の大型プリントをするため「引き伸ばし機」という機械がありました。そのメーカーの一つが藤本写真工業で、ブランド名はラッキー(LUCKY)。

今回のレンズは、そのラッキーブランドの引き伸ばし用レンズFujimoto E-licky 75mm f3.5 Anastingmatです。「E」は英語の“Enlarge(拡大する)”の省略です。

引き伸ばしレンズはスクリューマウント(M39)で絞りはありますが、ヘリコイドはありません。ピントを合わせられれば、普通に撮影用レンズとして使えるのです。

つまり、マウントアダプターやヘリコイドなどの部品を用い、フランジバックが調整できれば、デジタル一眼レフに装着し、フルサイズデジタル撮影ができるわけです。

 

開放では霧がかかったような滲んだ写り

75mmレンズということで、フランジバックは多少長いようです。

「レンズ」→「L39-Ⅿ42変換リング」→「接写リング(大:30mm)」→「ヘリコイド(17-32㎜)」→「Ⅿ42-Eマウント変換リング」→「カメラ」の順に手持ち部品をつなげば、ややオーバーインフで無限遠が出ます。

マウントアダプターを使った場合の例

そのほか「レンズ」→「L39-Ⅿ42変換リング」→「ヘリコイド(17-32㎜)」→「Ⅿ42-Eマウントアダプター」→「カメラ」の順につないでも、ややオーバーインフで無限遠が出ます。なお、近接撮影は接写リングを追加しています。

このレンズ、収差が小さい引き延ばしレンズのはずですが、開放では霧がかかったような滲んだ写りになります。絞ればシャープに写るのですが周辺部分はやや流れ、トイレンズのような、レンズ遊びと割り切れば面白いレンズです。

開放では周辺部が流れる
絞り込むと緩和される

また、複数のメーカーがOEM生産しており、銅鏡が金属製やプラ製などデザインの違うものが数種類あります。製品毎のレンズ構成が同じなのかどうか、また製造メーカーはどこなのか、詳しい製品情報はわかりません。

開放(左側)とF8(右側)

 

また、ネット上にこのレンズの撮影事例が複数ありますが、同じような写りではないので、個体によりレンズの特性が違うのかもしれません。金属胴鏡の同じ銘柄のものも所有していますが、写り方の特徴は違います。

ボケにも特徴がある暴れ玉

接写リングをつけてマクロ撮影もしてみましたが、バブルのボケが激しく出ています。開放時の滲みや周辺の流れ、そして激しいバブルボケと3拍子そろった特徴があり、暴れ玉と言っても過言ではないと思います。

玉ボケが重なって不思議な写りになる