CANON EX AUTOの後玉を取り外す

レンズ部分を再活用


前玉交換式のユニークな構造を持つCANON EX AUTO。1972年の製品である。前玉部分を交換する仕組みになっており、後ろ玉部分はカメラと一体となっている。つまり、キャノン製品はもちろん…他の機種とのレンズ交換ができないのである。
ミラーレスで使ってみたい。どんな写りをするんだろう…コアなオールドレンズ愛好家なら…考えたことがあると思います。実現するには、カメラから後ろ玉部分を取り外し、加工しなくてはいけません。カメラを壊すのは罪悪感があるし、何より面倒です。
そんなある日、作例を見てしまったのです。結構、いい写り。そういえば、随分前にヤフオクで落札品のオマケでついてきたCANON EX AUTOがあった。しかも…ジャンク品だったので押し入れで眠っている。壊すんじゃなくて、レンズ部分を再活用するんだ。

絞りを開閉する加工


勝手な言い訳で、カメラを分解…後ろ玉を取り外しました。ネジによる取り付けだったので、取り外しは簡単。レンズにクモリがありましたが、食器用洗剤と無水エタノールで奇麗にしました。あとはフランジバックを調整し、マウントを確保するだけです。


で…ここで問題。このカメラ、絞りリングがありません。絞りを稼働させるピンはあるのですが、ピンを動かす手立てがない。そこで、キーホルダーの金輪(約2.7cm)を加工し、銅鏡に沿わせて回転させ、針金に引っ掛けて絞りを開閉する加工を施しました。


ただ、レンズのヘリコイドを回すと絞りピンも沈み込むため、外付けのヘリコイドで対応することにしました。マウントはⅯ42のボディーキャップを紙やすりで厚さを調整し、レンズと絞りピン、固定ネジの穴をあけるなどの加工を施し、マウントを装着。

他の画角のレンズも入手

Ⅿ42ヘリコイドとⅯ42-Eマウント変換リングで、α7に取り付けました。早速、50mmの前玉をつけて試し撮り。最近、糸島市内は映えるスポットとして…若い人を中心に観光客が増えてきています。先日も、市内の姫島で「世界ネコ歩き」のロケがあっていました。


とりあえず、家の近くで飼ってあるヤギを撮影。岩合さんに対抗して「糸島ヤギ歩き」です(とても、腕も感性もかないませんが)。半世紀近く前のレンズですが、解像度も発色もキャノンです。そのほか、アジサイや棚田など、6月の糸島を撮ってきました。


CANON EX AUTOでしか使えない特殊なレンズなので、ヤフオクではほぼ捨て値で売られています。早速、CANON LENS EX 35mm 1:3.5、95mm 1:3.5、125mm 1:3.5をヤフオクで入手。近いうちに試し撮りをしたいと思っています。

レンズも記事もコンプリートしたので、紹介します。

CANON EX AUTOの LENS EX 35mm 1:3.5で糸島を撮る

・CANON EX AUTOの LENS EX 50mm 1:1.8で糸島を撮る…現在のページ

 …後玉の加工方法を紹介しています(加工は自己責任で…)

CANON EX AUTOの LENS EX 95mm 1:3.5で糸島を撮る

CANON EX AUTOの LENS EX 125mm 1:3.5で糸島を撮る