~ばし

【標準語】~でも、~かのように

【品詞】助詞

【意味等】

1)「~でも」のばし

《意味》~でも、~など

《同義》~なっと、~ばし

《用例》
・なんば寝ぼけたことば言いようとな、顔バシあろうて出直してきない
 →なにを寝ぼけたことを言ってるんだ、顔でも洗って出直してこい
・なんか…えずかもんでも見たと?幽霊バシ見たごたる顔ばして…うずぶろいよるが
 →何か…怖いものでも見たの?幽霊でも見たような顔をして…震えているけど

2)「~かのように」のばし

《意味》~かのように、いかにも~かのような

《用例》
・あんたあ…見てきたバシかのごと話しよるが、ほんなことな?
 →あなたは…いかにも見てきたかのように話してるけど、本当のことなの?
・なんな?偉そうに…何でちゃ知っとるバシ人ば見下して、あたきゃ…あえなたあ好かん
 →なんだ?偉そうに…何でも知っているかのように人を見下して、私…あんなやつ嫌い

【参考】
・語源は古語の「ばし」(係助詞「は」+副助詞「し」)、主に話ことば
・疑問や推量、禁止、命令などの表現を伴って、前記事柄を取り立てて強調する助詞

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る

イラストによる状況解説

【翻訳】
①「お嬢さんを嫁にください!きっと幸せにしますから!」
 「どういうふうに幸せにするんだ?お茶でも飲んで…じっくり聞かせてもらおう」
 「何で、喧嘩ごしになってるの!」
②「いつもの…ワインを!」
 「はっ?」
 「常連でもあるかのように…この店に来るのは、2回目だろうが」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「は」の索引に戻る