あてしゃん

【標準語】腹掛け、よだれかけ

【品詞】名詞

【意味】
・子供のよだれかけ、腹掛けのこと
・法被の下に着るインナー

【同義】あてこ

【用例】
・よだれば垂らしなーけん、あてしゃんばつけない
→よだれを垂らすので、よだれかけをつけなさい
・消防の団服の下い着る、あてしゃんのなか
→消防の団服の下に着る、インナーがない

■TOP画面に戻る
「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「あ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「あ」の索引に戻る