いかもんくい

【標準語】如何物食、ゲテモノ食い

【品詞】名詞

【意味】
・普通の人の食べないようなものを好んで、またわざと食べること、また、その人、げてもの食い、悪食、
・普通の人が相手にしないような異性を愛すること、また、その人

【用例】
・たいがいの東京者なあ、もつ鍋ばいかもんぐいと思うとんしゃあげな
 → 大方の東京の人は、もつ鍋をゲテモノ食いと思っているらしい
・おまやあ、あんかおばしゃんば好いとうとや?いかもんぐいやねえ
 → お前は、あんなおばさんが好きなのか?物好きだね

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる用例解説(その1)

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる用例解説(その2)

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る