いがいが、いげ、いら

【標準語】とげ、魚の小骨、イノバラ

【品詞】名詞

【意味】

(1)「とげ」の「いげ」

《意味》植物のトゲ、竹や木片の尖った破片が皮膚に刺さったもの

《用例》

・栗拾いばしよったが…ちゃんとここけて、イゲの膝いたいそ刺さって…えらい痛か
 →栗拾いをしていたら…うっかり転倒して、棘が膝にたくさん刺さって…とても痛い

・軍手ばして作業せな…手いイラの刺さるばい、破傷風いなったっちゃ…知らんばい
 →軍手をして作業しないと…手に棘が刺さるよ、破傷風になっても…知らんぞ

・知らんで…ウニのイガイガの上い座ったら、尻いイゲのえらい刺さってしもうた
 →知らずに…ウニの棘の上に座ったら、尻に棘がたくさん刺さってしまった

(2)「魚の小骨」の「いげ」

《意味》喉に刺さった魚の小骨、魚の細く尖った骨

《用例》

・喉いイゲの刺さったけんて、ご飯ばぐる呑みしたらいかんげなぜ
 →喉に小骨が刺さったからって、ご飯を丸呑みしてはいけないそうだよ

・このごらあ…子供の魚離れするけんって、イゲばピンセットで抜いた魚ば売りよう
 →最近は…子どもが魚離れをするからと、小骨をピンセットで抜いた魚を売っている

・コノシロなイゲの多かけん、油で揚げるか…酢で絞めらなあ食べにっか
 →コノシロは小骨が多いので、油で揚げるか…酢で絞めないと食べにくい

(3)「イノバラ」の「イゲ」(「いげ」のみ)

《意味》野薔薇、野茨、バラ科の落葉性のつる性低木

《用例》

・イゲなイゲのたいそあって…刺さって痛いかけん、イゲって言うとやろ
 →イノバラは棘がたくさんあって…刺さって痛いので、イゲって言うのでしょ

・イゲな野生のイバラやけん…学術名なイノバラ、花な綺麗かばってん…痛かと
 →イノバラは野生のイバラだから…学術名はイノバラ、花は綺麗だけど…痛いんだ

【同義】いがいが、いげ、いら

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

イラストによる用例解説

【翻訳】
「魚の小骨…喉に小骨が…あ痛たた…俺は弱いんだ…もう嫌だ…」
「早くこれを飲み込みなさい、何だい小骨くらいでみっともないねえ、本当に大げさな!つまらない男だねえ…ほら!」
「駄目よ駄目…ご飯の丸飲みは良くないってよ、喉の奥を傷つけるのよ」

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る

【博多・糸島弁検索】

あ(ア) い(イ) う(ウ) え(エ) お(オ)
か(カ) き(キ) く(ク) け(ケ) こ(コ)
さ(サ) し(シ) す(ス) せ(セ) そ(ソ
た(タ) ち(チ) つ(ツ) て(テ) と(ト)
な(ナ) に(ニ) ぬ(ヌ) ね(ネ) の(ノ)
は(ハ) ひ(ヒ ふ(フ) へ(ヘ) ほ(ホ)
ま(マ) み(ミ) む(ム) め(メ) も(モ)
や(ヤ)   ゆ(ユ)   よ(ヨ)
ら(ラ) り(リ) る(ル) れ(レ) ろ(ロ)
わ(ワ)       ん(ン)