いげ

【標準語】トゲ、小骨

【品詞】名詞

【意味】
・植物のトゲ、竹や木片のとがった破片が皮膚に刺さったもの
・のどに刺さった魚の小骨
・ノイバラ
・魚のあごの部分

【同義】いがいが

【用例】
・軍手ばせなばい、手いいげの刺さるばい
 → 軍手をしなさいよ、手にとげが刺さるよ
・喉いいげの刺さったけんて、ご飯ばぐる呑みしたらいかんげなぜ
 → 喉に小骨が刺さったからって、ご飯を丸呑みしてはいけないそうだよ
・栗のいがいがば踏んだけん、靴いいげのえらい刺さっとう
 → 栗のイガを踏んだので、靴にトゲがたくさん刺さっている

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る