いっち、いっちゃん

【標準語】いちばん

【品詞】副詞

【意味】
・一番、最も優れて
・ぬきんでて、きわめて

【参考】「いち」を強く言った言葉、強い意味

【同義】いっち、いっちゃん

【用例】
・おらあ、温泉でゆたーっとするとがいっち好いとう
 → 俺は、温泉でゆっくりするのが一番好きだ
・あんたのお祝いやけん、いっちゃん上いすわらなあ
 → あなたのお祝いだから、いちばん上座に座らなきゃ
・いっち上のあんしゃんな、九大ね?学校でいっちゃん成績の良かったげなね
 → 一番上のお兄さんは、九大なの?学校で一番成績が良かったそうじゃない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

 

 

 

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る