いぶる、すぼる

【標準語】いぶす、くすぶる

【品詞】動詞

【意味】
・よく燃やさないで煙を出させる
・火がよく燃えないでけむる、くすべる
・煙で暗くなる、いぶる

【同義】いぶる、すぼる

【関連】すぼり → 煤、家の中では威張るが外ではいくじのない者、「内弁慶の外すぼり」「内ぼうぼうの外すぼり」に同じ

【用例】
・えらいすぼっとるばってん、野焼きでもしよんなるとな?
 → ひどく煙っているけど、野焼きでもやっているのかい?
・腸詰ばよおーといぶった方が、んまかソーセージになるとばな
 → 腸詰をよく燻した方が、おいしいソーセージになるんだぞ
・煙草は止めない、こえんすぼっとったら吸うとらんもんも吸うたととおんなしたい
 → タバコは止めろ、こんなに煙っていたら吸ってない者も吸ったのと同じだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る