うさぶるう、うずぶろう、おぞぶりあがる

【標準語】寒さに震える

【品詞】動詞

【意味】
・寒さを普通以上に感じる(小刻みに震える寒さ)
・寒さに萎縮する、寒さに震える
・寒がる
・みすぼらしい身なり

【用例】
・この寒か中スケートい行くと?聞いただけでうさぶるおうごたあ
 → この寒い中スケートに行くの?聞いただけで寒くなっちゃうよ
・捨て猫の雨いじっくり濡れてうずぶろいよんなった。飼うてよかろ?
 →捨て猫が雨でびしょ濡れになって寒さに震えていたよ。飼っていいでしょ?
・何でうさぶるいようと?沸いと思うて入ったら水風呂やったたい
 → 何で寒がっているの?湧いてると思って入ったら水風呂だったんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「う」の索引に戻る
■「お」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「う」の索引に戻る
■「お」の索引に戻る