いんげ、おいんげ、おじゅっさん、ごいんげ

【標準語】住職

【品詞】名詞

【意味】
・寺の長である僧
・住持

【同義】いんげ、おいんげ、おじゅっさん、ごいんげ

【用例】
・おいんげさんに、にょうにょう言うてもらわなあいかん
→住職に、お経をあげてもらわなくてはいけない
・法事いは、おじゅっさんな何時ごろきなあごとなっとうとな?
→法事には、住職は何時ごろおいでになるようになっているんだい?
・あのいんげの説教は、何ば言いたかとかいっちょんわからん
→あの住職の説教は、何を言いたいのかさっぱりわからない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る
■「お」の索引に戻る

■「こ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「い」の索引に戻る
■「お」の索引に戻る

■「こ」の索引に戻る