おろ~

 

【標準語】大して~ない

【品詞】副詞

【意味】大して~ない、十分に~ない

【参考】「おろ」に形容詞や動詞が接続し、接続した語彙を否定、若しくは弱める

【用例】

・冷蔵庫い脱臭剤ば入れたけん、オロ臭うごとなった
 →冷蔵庫に脱臭剤を入れたので、そんなに臭わなくなった

・眼鏡ば変えたとばってん、オロ見ゆるごとなった
 →眼鏡を変えたけど、あまり見えなくなった

・むかしゃあ愛らしかったばってん、だいぶオロようなんなったね
 →昔は可愛かったけれど、だいぶん劣化してしまったね

・やっぱあ偽もんやったっちゃろ、オロよかもんのごと見えたもん
 →やはり偽物だったんだね、つまらないもののように見えたもの

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「お」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

【翻訳】
「買ったばかりなのに、カボチャを切っていたら、切れなくなっちゃった」
「うわっ!不良品だ…国産じゃないんだろ?こっちも見てよ!」
「オレのカバンも閉まらなくなっちゃった、ぼろっちいだろ?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「お」の索引に戻る