がてんのいかん

【標準語】承知できない

【品詞】連体詞

【意味】
・承知できない、納得できない
・物事の事情がよく理解できない

【対義】がってんのいっといて
《意味》承知の上で、事情を知っていて

【用例】
・何でああたがばちかぶらなあいかんとな、おらあがてんのいかん
→何であなたが責任を取らなくちゃならないんだ、俺は承知できない
・円の面積の公式ば積分したら球の表面積の公式いなるげな…、俺はがてんのいかんやなあ
→円の面積の公式を積分したら球の表面関の公式になるそうな…俺はよく理解できないよ
・あの人な偉か。がってんのいっとって自分から身ば引きなったったい
→あの人は偉い。承知の上で自分から身を引いたんだよ
・総理大臣からお願いされたっちゃあ、がてんのいかなあ印鑑な押さん
→総理大臣からお願いされたとしても、納得いかなければ印鑑は押さない

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る