がめのはまんじゅう

【標準語】米粉饅頭、彼岸饅頭

【品詞】名詞

【意味】
・ガメノハでくるんだ米粉の饅頭
・うるちともちの米粉を混ぜ、水で練って餡子を挟んでガメノハに包んで蒸した饅頭
・彼岸などに作る米粉饅頭
・九州筑前の葉っぱで包んだ団子、郷土料理

【同義】がめのは餅

【参考】ガメノハ、カメイバラ、サンキライ、サンネンウズキ
・サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属に分類される多年生植物
・スッポンをガメと呼び、その甲羅に似た形の葉っぱなので「がめの葉」と呼ばれる
・その「ガメノハ」でくるんだ饅頭なので、がめのは饅頭と呼ばれているらしい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「か」の索引に戻る