きげんふうげん

【標準語】懲りる、威光がある、疲れる

【品詞】動詞

【標準語】斑気(むらき)、機嫌不機嫌

【品詞】形容動詞

【意味】
・気分が一定しないで変わりやすいこと、気まぐれな心、まぐれ気
・思うまま、気まま

【用例】
・あの人ぁきげんふうげんのあるけん、げってんまわしなったら手いあわんちゃもん
→あの人はまぐれ気があるから、偏屈なことを言い出したら手に負えなくなるんだ
・ああたのきげんふうげんに嫁ごの合わしちゃんなぁけん、幸せもんの姑ばい
→あなたの気まぐれな心にお嫁さんが対応してくれているから、幸せ者の姑だよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る