きばる

【標準語】精を出す、奮発する、口論する、我慢する

【品詞】動詞

【意味】
1)「精を出す」のきばる
《意味》熱心に働く、勤め励む、凌ぐ
《同義》がまだす、きばる、はまる、ばりこむ
《用例》
・就職の決まったげなねえ。よおとキバンないよ
→就職が決まったそうだね。すごく熱心に働くんだぞ
・受験まで…あと2か月、合否判定なよかったっちゃあ…ここでキバラなあ、負けいんぞ
 →受験まで…あと2か月、合否判定が良くても…ここで凌がなくっちゃ、負け犬だぞ

2)「奮発する」のきばる
《意味》努力する、頑張って高いものを買う、進んで高額を負担する
《同義》きばる、はずむ、はまる、ばりこむ
《用例》
・デートやけんって、えらいキバッテ…一流レストランで飯ば食うたっちゃねー
 →デートだからって、すごく奮発して…一流レストランで食事をしたんだねー
・欲しゅうして…キバッテ買うたライカの骨董カメラ、鑑定してもろうたら…偽もんやった
 →欲しくて…奮発して買ったライカの骨董カメラ、鑑定してもらったら…偽物だった

3)「口論する」のきばる
《意味》威張る、口論する、自分の意見を貫きとおす
《同義》きばる、はりこむ
《用例》
・そえんキバランちゃあよかろうもん。知らんうちいえらいえろうならっしゃったこと…
 →そんなに威張らなくていいだろ、知らない間に、とても偉くなっちゃたもんだな…
・こえなしゃんしゃん会議…せんがまし、意見ば出いてキバラなあ…なあも進歩んなか
 →こんな形式的な会議…しないほうがまし、意見を出して口論しなきゃ、何も進歩しない

4)「我慢する」のきばる
《意味》許す、勘弁する
《同義》きばる、こらえる
《用例》
・はらかいとうとは…わかっとうばってん、あんたがキバッチャらなあ、話のしまえる
 →怒っているのは…わかっているけど、あなたが許してくれなきゃ、話は終わっちゃう
・こらえちゃんなっせい…先生いキバッテもらわなあ、俺たちゃあ…試合いキバラレン
 →我慢してもらえませんか…先生に許してもらわないと、俺たちは…試合に頑張れない

【参考】
・「きばる」を漢字で書くと「気張る」、息をつめて力を入れること
・「気」は、息のほかに気や心の意味があり「気張る」は、精神的な意味で使われる

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る