きりかやす

【標準語】①手を焼く、②画策する

【品詞】動詞

【意味】
・扱いに困る
・画策する、やってのける、≪参考≫~をするの卑語

【用例】
・うちの息子なはしかかけん、先生も往生きりかやしよんなるごたあ
→うちの息子は小うるさいので、先生も手を焼いて困っているようだ
・俺い任いときない、よかごとなるごときりかやしといちゃあ
→俺に任せておけ、いいようになるように画策しておいてやる
・仕事なでけなあばってん、あいつのいい口やらきりかやしな…おらぁいっちょん好かん
→仕事はできるんだけど、あいつの言い回しややり方は…俺は大っ嫌いだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る