ぎり、ぎりい

【標準語】限り

【品詞】名詞

【意味】
・最後
・毎、ごと、まで
・時、折、機会

【用例】
・あたきな妻子のおりますと…ああたと会うたあ、今日ぎりいしときまっしょう
→私には妻子がいるのです…あなたと会うのは今日を限りにしましょう
・やおいかんとは知っとるばってん、じぇんば貸すたあ…これぎりばい
→大変なのは知っているけど、お金を貸すのは…これが最後だよ
・余っとうっちゃけん、あったらありぎり持って行ってよかよ
→余っているんだから、あったらあるだけ持って行っていいよ
・うちの嫁な「イオンに買い物い行てくる」言うたぎりい、4年間も帰ってきなれんと。
→うちの嫁は「イオンに買い物に行ってくる」と言ったっきり、4年間も帰ってこないんですよ。

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る