ぐいのみ、ぐのみ

【標準語】丸のみ

【品詞】名詞

【意味】
・噛まずに飲み込むこと
・あるままの形で飲み込むこと
・鵜呑み

【同義】ぐいのみ、ぐのみ

【用例】
・イガの喉い刺さったけん、飯ばグノミしてんどう。やめときない、食道に傷のついておおごといなるバイ!
→小骨が喉に刺さったから、ご飯を噛まずに飲み込んでみよう。やめなさい、食道に傷がついて大変なことになるよ!
・よかごと言いよんなあばってん、グノミいしなすなよ。どうも…詐欺師のごたあばい。
→いいように言っているけど、鵜呑みにしちゃいけないよ。どうも、詐欺師のようだぞ。
・鳥ゃあ魚ば頭からグノミしようばってん、うまか思うて食べようっちゃろうか?
→鳥は魚を頭から丸呑みしているけれど、うまいと思って食べているんだろうか?
・がてんのいかんたあようわかっとう。はらかいとうともわかっとう。ばってん、ここは俺の顔ば立ててこの条件ばグノミして、手ば打っちゃらんね
→納得いかないのはよく分っている。怒っているのも分かっている。でも、ここは俺の顔を立ててこの条件をそのまま飲んで、手打ちしてくれないか

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「き」の索引に戻る