くるぶく

【標準語】俯く

【品詞】動詞

【意味】
・俯く
・頭を垂れる

【関連】「くるぶく」を使った言葉
・つっくるぶく
《意味》俯く、下を向く、頭をたれる
《参考》「つっ(突く)+くるぶく(俯く)」
《用例》「やりそこのうて…えらい迷惑かけたて言うて…つっくるぶいとうげな」
 →「不祥事を起こして…ひどく迷惑かけたと言って…頭をたれているそうだ」

【用例】
・クルブイテ歩きよったら、じぇんば拾うたとばってん、電柱いもぶつかった
→うつ向いて歩いてたら、お金を拾ったんだけど、電柱にもぶつかった
・クルブイテ考えよんなあとかと思うたら、眠りかぶっちゃあもん
→俯いて考えているのかと思ったら、居眠りをしているよ
・ずーっとクルブイテ元気の無かろうごたあが、えらい先生からがられとんなるごたる
→ずーっと俯いて元気が無さそうだけど、ひどく先生に叱られたようだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る