ぐついはまる、ぐつにはまる

【標準語】八方ふさがり

【品詞】名詞

【意味】
・ほうぼうに差し障りがあって手の施しようがないこと、身動きが取れないこと
・誰からも信用されず途方にくれること
・困難の極に陥ること、にっちもさっちもいかないこと

【同義】ぐついはまる、ぐつにはまる

【関連】ぐっすりばったり(副詞)→どうにもこうにも
≪意味≫手段をつくしても物事や状態が成り立ちにくい気持ち、行き詰った様を表わす
≪用例≫日曜たんびい雨で、試合のされんけん、大会なグッスリバッタリやん
→日曜のたびに雨で、試合ができないから、大会が成り立たなくなりそうだ

【用例】
・嫁ごとかかしゃんの仲の悪うして、間い挟まれて、おらあグツイハマットウったい
→妻と母の仲が悪くて、間にはさまれて、おれは身動きが取れないんだ
・借金ば返してもらわないかんとばってん、恩のあって…グツイハマットルとたい
→借金を返してもらわなくちゃいけないけど、恩があって…どうにもできないんだ
・こえんしたら借金ば返されん、あげんしたら借金の増えっしまう…グツイハマットウ
→こうすれば借金を返せない、ああしたら借金が増えてしまう…どうしようもないなあ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「く」の索引に戻る