けんたい

【標準語】当たり前、共用

【品詞】形容動詞

【意味】
・当たり前のこと、そうあるべきこと、当然
・威張っている様子、横柄
・共同して使用すること、一緒に使うこと~《同義》けんたい、もやい

【活用】
・「けんたいでものばいう」→当然のようにものを言う
・「けんたいぶる」→威張る、横柄に振る舞う

【用例】
・そんくらい、ケンタイたい…困っとうときゃあお互い様やけん
→そのくらい、当たり前だ…困っているときはお互い様だから
・新米で、くちばたきんなかくせい、ケンタイデモノバイウっちゃもん
→新米で未熟者のくせに、当たり前のようにものを言うんだもの
・何ばケンタイブリよんなるとな、父ちゃんの偉かぐらい思うて…のぼしかえっとらんや
→何を威張りくさっているんだ、父親が偉いくらい思って…横柄になっていないか
・いっちょうしかなかけん…ホチキスなケンタイで使うて…そう、もやいで使うちゃり
→1個しかないから…ホチキスは共同で使って…そう、共用してちょうだい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「け」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「け」の索引に戻る