こうける、こうばる

【標準語】干からびる、強張る

【品詞】動詞

【意味】
・乾燥する、乾ききる、からからになる
・強張る、硬くなる

【参考】
・ひかちこける→干上がり固くなる:乾燥してカチカチになる
《用例》正月のお飾りば早う直さなあ、餅のヒカチコケヨルばい
→正月の鏡餅を早くしまわないと、餅が干上がってカチカチになるよ
・こうばりつく→こびりつく(へばりつく):粘着して乾く
《用例》なんか臭かと思うとったら、いんのあぽの靴いこうばりついとった…最悪
 →何か臭いと思ってたら、犬の糞が靴にこびりついていた…最悪

【用例】
・コウケテぽろぽろいなっとるが…炊飯ジャーの飯な、いつ炊いたと?
→乾燥してポロポロになっているけど…炊飯ジャーのご飯は、いつ炊いたの?
・カッターシャツの襟のえらいコウバットウばってん、糊の効き過ぎやなかな
→ワイシャツの襟がとても固いけど、糊が効き過ぎているんじゃないの
・昔の子供なハナ垂れやけん、ごうばなの袖いコウバリツイテ、テカテカいさせとんなった
→昔の子供はハナ垂れだったから、青っ洟が袖にこびりついて、テカテカにさせていた

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る

 

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る