こうしゃ

【標準語】巧者、功者、賢者

【品詞】名詞、形容動詞

【意味】
・知恵がある人、思慮深い人、利口な人、またそのさま
・練達な人、巧みな人、またそのさま
・器用な人、器用なさま
・物事を考え出すこと、工夫
・よく知らないことを、知っているかのようにふるまうこと
・年齢の割りにませているさま

【同義】こうしゃ、こうしゃもん(名詞)

【用例】
・あの女の子な小学生ばってん、えらいコウシャなことば言いなるね
→あの女の子は小学生なのに、とてもませたことを言うんだねえ
・こんか時ゃあ、コウシャモンな慌てんで冷静い、いっちよか解決策ば考えなるとたい
→こんな時は、知恵のある者は慌てることなく冷静に、最善の解決策を考えるんだ
・ああたあ話しコウシャやもん。あっという間い、みんなの心ば引きつけらっしゃった。
→あなたは話し上手だもの。あっという間に、みんなの心を引つけてしまわれた。

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る

 

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る