こくっと、ころっと

【標準語】ぽろっと、ころっと、まったく

【品詞】副詞

【意味】
①こくっと・ころっと(共通)
・物がもろく折れるさま、もろく壊れるさま
《用例》「鉄筋の入っとらんコンクリートの柱やら、コクット折れっしまう」
 →「鉄筋が入っていないコンクリートの柱など、もろく折れてしまう」
・あっけなく亡くなる様
《用例》「爺さんのコロット逝きなった」
 →「爺さんがぽっくりと逝ってしまった」
②ころっと
・けろりと、すっかりと
《用例》「すまん、忙しゅうして約束ばコロット忘れとった」
 →「すまん、忙しくて約束をすっかりと忘れていた」
・ことごとく、すべて、みんな
《用例》「宅地造成で景色のコロット変わった」
 →「宅地造成で風景がすっかり変わった」
・物が転がる様を表わす、ごろんと
《用例》「台風で、台風で、大っか岩のコロット落ちてきた」
 →「大きな岩がゴロリと落ちてきた」

【用例】
・ばばさんの転んで手ばついたら、コクット骨の折れたげな。骨粗鬆症やったげな。
→お婆さんが転んで手をついたら、ぽろっと骨が折れたそうだ。骨粗鬆症だったようだ。
・爺さんな朝飯んときゃあ元気いしとんなったばってん、昼過ぎいなコクット逝きなった。
→爺さんは朝食のときは元気にしてたんだけど、昼過ぎにはぽっくり死んでしまった。

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る