こまごと

【標準語】小言

【品詞】名詞

【意味】
・口やかましい事柄、細かな事柄、文句、苦情
・だだをこねる、子どもの文句

【参考】こまごとに関連した単語
・こまごという:小言を言う
《意味》細かい事を言い立てて叱りつける、ブツブツ文句を言う
《用例》「横でコマゴト言うし、ホークスも負けよるけん、酒のいっちょん旨うなか」
 →「横で小言を言うし、ホークスも負けているので、酒がちっとも旨くない」
・こまたらしか:くどい
《意味》しつこい、煩わしい、あっさりしていない
《用例》「まーだコマゴト言う…ほんにコマタラシカ。もう…にくじゅうのごたあ」
 →「まだ小言を言う…本当にくどいんだから。もう…いじめのようだよ」

【用例】
・俺が悪かと…飲んであばけたとも悪かった。やけん、もうコマゴトな勘弁しちゃり
→俺が悪いんだ…飲んではっちゃけたのも悪かった。だから、もう小言は勘弁してほしい
・お客様センターい配属いなったばってん、毎日コマゴトばっかし、どえんかなろうごたあ
→お客様センターに配属になったけど、毎日苦情ばかり、おかしくなっちゃいそうだ
・何ばぐぜーぐぜ言いよんなあと?綿菓子ば買うてってコマゴトば言いよんなあとな?
→何をぐずぐず言っているんだ?綿菓子を買ってくれとだだをこねているのかい?

 

■TOP画面に戻る

■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る