ごたあ

【標準語】如くある、~のようだ

【品詞】連体詞

【意味】
・似ていることを表す、~のようだ、~に似ている
《用例》「井原山の水無鍾乳洞から噴き出す風な、クーラーのごたあ」
 →「鍾井原山の水無乳洞から噴き出す風は、クーラーのようだ」
・様子や気配を表す、~のようだ、~の様子だ
《用例》「玄関い誰か来とんなざさあごたあ…誰か出ちゃり」
 →「玄関に誰かおいでになったようだ…誰か出てちょうだい」
・願望する行動を表す、~のようだ、~したい気分だ
《用例》「今日な宿酔いできつかー…休もうごたあ、ああ具合の悪かー」
 →「今日は宿酔いで苦しいよ…休みたいよ、ああ具合が悪いよー」

【同義】ごたあ、ごたる、ごとある

【用例】
・何な、そのなりな…やくざのゴタアばい。我がば俳優のゴタルぐらい思うとらんな?
→何だ、その格好は…やくざのようだよ。自分を俳優のようだくらい思ってんじゃないの?
・どうも、結婚せないかんゴタル。なして?彼女ば妊娠さしたゴトアルったい。
→どうも、結婚しなくちゃいけないようだ。どうして?彼女を妊娠させたようなんだ。
・俺の性格なこすかとのゴタル…支払いのだんになったら、じぇんについて行こうゴタルと
→俺の性格はどケチのようだ…支払う時になったら、お金について行きたくなるんだ

■TOP画面に戻る

■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「こ」の索引に戻る