さみしなか

【標準語】寂しい

【品詞】形容詞

【意味】
・寂しい、物悲しい、しょんぼりする、
・思いを晴らす術がない、やるせない
・心のやりどころがない、心が楽しくない

【同義】さみしなか、さむしい、さむしか

【用例】
・おばさんなあ、旦那の亡うなってサムシカろうと思うとったが…生き生きしとんなあね
→おばさんは、旦那がなくなって寂しいだろうと思ってたけど…生き生きしてあるね
・あすこのラーメンば好いとったとい、コロナで閉店いなって、えらいサビシナカと
→あそこのラーメンが好きだったのに、コロナで閉店になって、すごく物悲しいんだ
・そえん、サムシイ、サムシイって言いなんな。振られたっちゃけんしょんなかろうが
→そんなに、寂しい、寂しいと言うなよ。振られたんだから仕方がないんでしょうが
・孫の帰って静かいなって、サムシナカろうと思うとったが、なしてか…おりおうとう
→孫が帰って静かになって、寂しくなるだろうと思っていたが、何故か…落ち着いている

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語


■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「さ」の索引に戻る