しかしか

【標準語】挑む

【標準語】てきぱき、はきはき

【品詞】副詞

【意味】
・素早く手ぎわよく物事を行う様子
・はかばかしく、はきはき、はっきり
・滅多に、ろくに
・健康がすぐれないこと、さっぱり
・日が照る様子、かんかん
・次々と、後から後から
・しっかり

【類義】しかっと
《意味》しっかりと、ちゃんと
《対義》てれっと、ぼさっと
《用例》「高校、最後の試合やけん、悔いのなかごと…シカット戦うてきない」
 →「高校、最後の試合なので、悔いがないように…しっかりと闘ってきなさい」

【対義】てれてれ、てれんぱれん

【関連】漢字で「確確」。多くは下に打消しの語を伴う。

【用例】
・何て言いよるか、いっちょん分らん。シカシカ喋んない
→何を言っているのか、さっぱりわからん。はきはきと喋りなさい
・もうすぐ締め切りいなる。シカシカ進めなあ間に合わんばい
→もうすぐ締め切りになる。手際よく進めなければ間に合わないぞ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る