じげ

【標準語】①地元、②地元の人

【品詞】名詞

【意味】
・住んでいる地域・村落、自分が住んでいる集落や市町村
・地元の人、土着の人
《同義》じげもん、じごろう、じもえ

【参考】語源は古語の「地下(じげ)」

【関連】
・じごたれ、じごたろう
《意味》地元で生まれ育ってずっと住んでいる人
・じもん
《意味》地の物、地元産、地産、「じげもん」に同じ

【用例】
・あすこらへんの土地のこたあ、ジゲノモンに訊かなあようわからん
→あの辺の土地のことは、地元の人に聴かないとよくわからない
・ジゲで支石墓ば奉っとんなあばってん、いつの時代からしようかジゲモンもわからんげな
→地域で支石墓を奉っているけど、いつの時代からしているか地元民にもわからんそうだ
・生まれも育ちも可也。父ちゃんも母ちゃんもじごたれで、糸島から出たこたあなかと
→生まれも育ちも可也。父さんも母さんも土着の人で、糸島から出たことはないんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る