しけこむ

【標準語】①畏縮する、②長居する

【品詞】動詞

【意味】
・恐れて縮こまる
・いじける、しょげる
・恥ずかしくて尻込みする
・入りびたる、ひたり込む
・長居する、居つづける
・独りで楽しむ
・抗議を申し入れる

【参考】由来は「時化込む」…しけで漁夫が家に引き込んでいる意味から出た言葉、「湿気込む」の説もある

【参考】全国的には、時化で漁に行けない漁師が家に閉じこもっていることだが、妓楼などに入り浸ったり、愛人の家に長居したりという隠語の意味もある

【関連】
・しけとう、しけとる;がっかりする、つまらない
・しける:しょげる、(煎餅などが)湿気ている

【用例】
・えらいシケコンドウばってん、どげんしたと?あのくさ…婚約ば破棄されたったい
→ひどくふさぎ込んでいるけど、どうしたの?あのね…婚約を破棄されたんだよ
・眠りかぶって漫画ば見そこのうとんなあけん、さいぜんからシケコンデしまいなった
→眠り込んでしまって漫画を見逃したものだから、さっきからいじけてしまってるんだ
・愛らしかとのおるけん、このごらあ…あいつぁ、あの飲み屋いいっつもシケコンドウと
→可愛い娘がいるから、このごろは…あいつは、あの飲み屋にいつも入り浸っているんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る