しだむる、すらめる

【標準語】水けをきる

【品詞】動詞

【意味】
・水気を切る
・器から液体を出しつくす、器を空にする

【同義】したむる、すだめる、すらめる

【参考】したむ(湑む)~液体を滴らせること、しずくを残らず垂らしきること

【用例】
・お茶の苦うなるけん、急須のお茶な…しまえまでスラメとっちゃらん
→お茶が苦くなるから、急須のお茶は…最後まで出し切ってくれないかい
・たいがい、ああたたちゃ帰んない。ビールば何本シタムルつもりなあ
→いい加減、あなたたちは買ってくれない。ビールを何本空にするつもりなのよ
・お開きいするけん、目の前の燗瓶ばスダメテ…最後の乾杯ばしまっしょう
→お開きにするので、目の前の燗瓶を空にして…最後の乾杯をしましょうよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る