しゃばい、しゃばか

【標準語】弱い

【品詞】形容詞

【意味】
・力が弱い、けんかに弱い
・体がよわい、病弱
・さえない、根性がない

【同義】しゃばい、しゃばか

【関連】
・しゃばる:衰弱する、老衰する
・じゃばじん:病弱な人、決断できない人、頼りにならないひと、しゃば人
・しゃばぞう:弱いヤツ、さえないヤツ、しゃば僧
・しゃばいん:負け犬、いつも負けてばかりいるヤツ、しゃば犬

【用例】
・あいつぁ喧嘩な強かばってん、体なシャバカ…寒うなったら、毎年のごと風邪ばひきなあ
→あいつは喧嘩は強いんだけど、体は弱い…寒くなったら毎年のように風邪をひくんだ
・先生もだいぶシャバンなったねえ。ちょっと飲んだぐらいで…ヨトヨトしよんなる
→先生もだいぶん弱ってしまったねぇ。ちょっと飲んだくらいで…ヨタヨタしているよ
・君んとこの社長なシャバゾウやねえ…するとかせんとか、いっちょん決めきんなれん
→君んとこの社長はつまらんヤツだねえ…するのかしないのか、ちっとも決められない
・コンパい行くとい、こえなシャバカ服しかなか…どえんしょうかあ…モテめえや
→コンパに行くのに、こんな冴えない服しかない…どうしよう…モテないだろうなあ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る

イラストによる用例解説

博多・糸島弁

 

標準語

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「し」の索引に戻る