すいい、すいか

【標準語】酸っぱい

【品詞】形容詞

【意味】
・酢のような味である
・酸味がある。すい
・味覚の一つ(甘味、酸味、塩味、苦味、旨味)

【同義】すいい、すいか

【用例】
・こらあ、どこのミカンな?えらいスイカばい。井田原のミカンば買うてこなあ…
→これは、どこのミカンだ?ひどく酸っぱいよ。井田原のミカンを買ってこなきゃあ…
・ぬくされい置いたったが、弁当な大丈夫やろうか?ちっとスイカ匂いのしよるごたあ
→暖かい所に置いてたが、弁当は大丈夫だろうか?少し酸っぱい匂いがしているようだ
・体いよかけんてレモンば食いよんなるが、スイカろうごたって…見とうだけで唾の出る
→体に良いからとレモンを食べているけど、酸っぱそうで…見てるだけで唾が出る

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「す」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「す」の索引に戻る