すか、すかたん

【標準語】はずれ

【品詞】動詞

【意味】
・物事が予期どおりにならないこと、あてはずれ
・見込みちがいをする、目あてがはずれる
・くじなどのハズレ

【同義】すか、すかたん

【参考】関西を中心に広く使われる方言

【関連】「すか」の語源は「すかたん」や「透かす」の語幹などの説がある

【関連】すかたんくわせる
《意味》うまくだまされる、相手にされない、待ちぼうけにされる、すっぽかされる

【用例】
・豪華賞品の当たるって書いちゃるばってん…さあきからスカばっかり当たりよる
→豪華賞品が当たると書いているけれど…さっきからはずればかり当たっている
・こいつな賢そうな顔ばして、頭のよかろうごとしとんなるばってん…スカタンやもん
→こいつは賢そうな顔をして、頭がよさそうにしているけれど…見込み違いだよ
・初めてのデートで、駅で待ち合わせばしとったとばってん…スカタンクワサレタとよ
→初めてのデートで、駅で待ち合わせをしていたんだけど…すっぽかされてしまったのよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「す」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

 

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「す」の索引に戻る