せせる

【標準語】群がる、いじる

【品詞】動詞

【意味】
・群がる、虫などがたかる
・つつき回す、ほじくる
・修繕する、手を入れる
・からかう、あざける、軽蔑する
・いじめる
・ほじる、ほじくる

【同義】せせる、せせくる、せせくりまわす(「群がる」の意の同義は「せる」)

【参考】せせる<せせくる<せせくりまわす
・「せせる」も「せせくる」も「せせくりまわす」も、言葉の意味はおおむね同じ
・「せせくる」は「せせる」より意味が強い
 ……せせる(いじる)+くる(~し続けるの意)→いじり続ける、ずっといじっている
・「せせくる」をさらに強調すると「せせくりまわす」になる
 ……せせせる(前段参照)+まわす(さんざん~するの意)→さんざんいじり続ける

【用例】
・ハエのセセッってくると思うたら、いんのあぽば踏んどった…臭かーっ
→ハエがたかってくると思ったら、犬の糞を踏んでた…臭せーっ
・虫歯ばセセリよったら、急いすびいて…眠られんごとなった
→虫歯を突いていたら、急に刺すように痛んで…眠れなくなった
・部品ば買うてきて、パソコンの基盤ばセセッタら、ようなった
→部品を買ってきて、パソコンの基盤を修繕したら、直った
・しりのおば引っ張ったりして、ネコばセセリよったら…引っ掻いてきなった
→尻尾を引っ張ったりして、ネコをからかっていたら…引っ掻いてきた
・おまやあ、つぁーらんやつやね。しゃばかとばセセッテそえん楽しかや?くずやねぇ
→お前は、つまらんやつだね。弱い人ばかり虐めてそんなに楽しいのか?クズだね。
・鼻くその鼻のすの奥いあって、気持ちの悪うしてセセリよったら、鼻血の出っしもうた
→鼻くそが鼻の穴の奥にあって、気持ち悪くてほじっくっていたら、鼻血が出てしまった

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「壊れたおもちゃ…パパッと修理したら、治ったぞ」「父ちゃんスゴイ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る