せらう

【標準語】妬む、睨む

【品詞】動詞

【意味】
・ねたむ、そねむ、やきもちを焼く
・にらむ、がんを飛ばす

【参考】語源についての説
・「せらいご(競合子):養子を儲けた後にできた子供」説:養子がねたむ・そねむことから
・「せせらう(あざける、ばかにする)」説

【用例】
・長男ばっかり可愛がるけん、他の兄弟がセロウテ…でけそこないよんなるばい
→長男ばかり可愛がるから、他の兄弟がそねんで…不良になりかけているよ
・あんた、誰かい恨まれとうばい。さあきから、あの男の人のあんたばセライよんなる
→あなた、誰かに恨まれているよ。さっきから、あの男の人があんたを睨んでいるよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
(少女A)「あの人…なぜ、私を睨みつけているのかしら」
(少女B)「羨ましがられているのよ!」「あなたがお金持ちで、お嬢様で、しかも美人で可愛いから妬んでいるのよ!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「せ」の索引に戻る