ぞびく

【標準語】引きずる

【品詞】動詞

【意味】
・しょっぴく、引っ張る、
・引きずる、強引に引っ張る
・誘う

【参考】古語の「誘く(そびく)」が語源で、文字どおり「誘う、無理に引っ張っる」の意

【同義】さびく、そびく

【類義】同義語に近いが、若干ニュアンスが違うことば
・ぞろびく
《意味》衣服などを引きずって歩く、裾などが長過ぎて地面を引きずって移動する
《参考》「ぞびく」の変化形と思われ、主にだらしない様子を表す
《類義》ずんだれる → 服がずり落ちる、だらしない様子
《用例①》「何や、おまやあ…ずんだれて、ズボンばゾロビキよろうが…しゃんとせんや」
→「何だ、お前は…服がずり落ちて、ズボンを引きずってるだろ…ちゃんとしないか」
《用例②》「あの婆さんな、帯ばゾロビイテそうつきよんなるが…徘徊しよんなれんや」
→「あの婆さんは、帯を引きずりながら歩き回っているけど…徘徊しているんじゃないか」

【関連】関連することば
・そびきこむ
《意味》強引に引き入れる、引きずり込む、誘い込む
《参考》そびく(引きずる)+こむ(込む、入れる)
《用例》「中洲の飲み屋いソビキコマレテ…えずか人の出てきて、えらいしこ払わされたと」
→「中洲の飲み屋に誘い込まれて…怖い人が出てきて…たいそうな額を払わされたんだ」

・そびきだす
《意味》強引に外に引き出す、外に引きずり出す
《参考》そびく(引きずる)+出す
《用例》「岩の間いウナギの尾の見えるとばってん、どえんかして…ソビキダサレンかいな」
→「岩の間にウナギの尾が見えるんだけど、どうにかして…引きずり出せんかなあ」

【用例】
・運動会の棒倒しで、ゾビキ倒されて…足の骨ばおしょって、入院しとんなるげな
→運動会の棒倒しで、引きずり倒されて…足の骨を折って、入院してしまったらしい
・うちの旦那な、酒ば飲みきらんといソビキ回いて…ああたたちゃ、たいがいいしときない
→うちの旦那は、酒を飲めないのに引きずり回して…あなたたち、いい加減にしなさい

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「誘い込まれるなよ…帰るよ!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「そ」の索引に戻る