たぐる

【標準語】咳をする

【品詞】動詞

【意味】
・風邪やむせたりすることが原因で激しく息を堰き出す、咳を出す
・激しく咳をする、咳き込む

【参考】古語で、漢字で書けば「吐る」
《意味》①口から吐く、もどす、②咳をする、込み上げる」
《参考》標準語の「手繰る(たぐる)」とは、別の言葉である

【関連】使う地域は全国に点在するが、主に中国・四国・九州で使われる

【用例】
・ああた煙草な止めなっせい、夜中いタグッテ…睡眠時無呼吸症候群いなりよるごたあよ
→あなた煙草はやめなさい、夜中に咳き込んで…睡眠時無呼吸症候群になってるみたいよ
・新型コロナウイルスな、タグルねと思うたら、あっという間い肺炎になる人の多かげな
→新型コロナウイルスは、咳が出ると思ったら、あっという間に肺炎になる人が多いらしい
・おらあ喘息持ちやけん、夜中いタグリだいたら…おおごと…寝られんごとなるっちゃん
→俺は喘息持ちだから、夜中に咳き込みだすと…もう大変…寝られなくなっちゃうんだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】く・苦しいよーっつ!まさか…新型…コロナウィルスじゃないだろうなぁ~

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る