たっぱい

【標準語】みかけ

【品詞】名詞

【意味】
・姿勢、体つき
・風体、外見、姿

【参考】語源は「答拝」
上位の者の拝礼に応える「答拝」が、能の型のひとつ「達拝」になり、その立居姿がよいことから「たっぱい」となったと思われる

【関連】「たっぱい」を含んだ言葉
・たっぱいのよか
《意味》体格が堂々としている、見かけがいい、貫禄がある

【用例】
・まだ、こあんちゃんと思うとったが、このごらあタッパイのようなって…若旦那のごたあ
→まだ、若い衆と思っていたが…最近は風体がよくなって…若旦那のようだ
・ああた、タッパイノヨカけん役者いないたら…大河ドラマの将軍様役いよかろうごとある
→あなた、体格が堂々としているから役者にしたら…大河ドラマの将軍様役によさそうだ
・見かけやなかとって…わかっとうばってん、政治家もタッパイノヨカほうが…好いとうと
→見かけじゃないって…わかってるんだけど、政治家も風体がよいほうが…好きなのよ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る

イラストによる状況解説1

 

イラストによる状況解説2

【翻訳】「いい体つきだねぇ…あなた、柔道部に入ってくれないかなあ?」「俺…手芸部」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る