たまがる、たまぐる

【標準語】驚く

【品詞】動詞

【意味】
・驚く、びっくりする
・思いがけないことがあって心が騒ぐ

【同義】たまがる、たまぐる

【参考】
・九州全域で使われる方言
・語源は古語の「魂消る(たまぎる)」、魂が消えそうになるくらい驚くことの意
・諸説として「金玉が縮み上がるほどびっくりする」というのがあるが、これは間違い

【関連】「たまがる」の活用
・「たまがっとる」→「びっくりしている」
《用例》「昔ながじけとったとい、別嬪かじょうもんさんいなって…タマガットルばい」
 →「昔は痩せ細って貧相だったのに、綺麗なお嬢さんになって…びっくりしているよ」

・「たまがらかす」→「びっくりさせる」
《用例》「タマガラカショウって連絡せんであるいたら…みんない「離婚」と間違かあされた」
 →「驚かせようと連絡せずに里帰りをしたら…みんなに「離婚」と間違えられた」

【用例】
・子供んときな馬鹿のごとしとったとい…今なIT会社の社長さんやもん…タマガッタや
→子供のときは馬鹿のようだったのに…今はIT会社の社長さんだもの…びっくりしたよ
・たいがい辛かたあ好いとうとばってん、あすこの麻婆豆腐の辛かといな…タマグルばい
→激辛料理は好きなんだけど、あそこの麻婆豆腐の辛さには…驚いたよ
・「嘘やろ」って言うごとタマガッタ…いつもんごと会社いいたら、潰れとうっちゃもん
→「嘘でしょ」って言うほど驚いた…いつものように会社に行ったら、潰れているんだもん

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】あ・あ・当たってる~。お・お・びっくりした~。ど・ど・どうしよう~。

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る