だらしい、せったるい

【標準語】だるい

【品詞】形容詞

【意味】
・だるい、物憂い
・病気や疲れで心身がだるくて元気がない、かったるい

【同義】せったるい、だいい、らいい、だらしい、だる

【参考】どの言い回しも「だるい」の変形と思われる。なお、「だらしい」は、九州北部、山口や愛媛の一部で使われる

【用例】
・昨日、遅うまで飲みよったけん…気持ちもごたえもセッタルカ~仕事ば休もうごたあ…
→昨日、遅くまで飲んでいたので…気持ちも身体もだるいなあ~仕事を休みたいなあ…
・久しぶりい井原山い登ったが、足のダラシカや。よおと揉んどかなあ、明日…こわろうや
→久し振りに井原山に登ったけど、足がだるい。よく揉んでおかないと、明日…凝るだろう
・昨日から、ぞごぞごしよったが…熱のあろうごたあ…ダイカー、風邪ばひいたごたあ
→昨日から、寒気がしてたんだけど…熱がありそうだ…だるいよ、風邪をひいたようだ

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「すみません…体がだるくて…熱も少しあって…コロナではないとは思います…はい!」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「た」の索引に戻る