ちさか、ちっか、ちんか、ちんこい、ちんまか

【標準語】小さい

【品詞】形容詞

【意味】
・大きくない、小さい
・年齢が低い、幼ない
・丈が短い、背が低い

【同義】ちさか、ちっか、ちんか、ちんこい、ちんまか

【関連】関連の言葉
・「ちっかんちゃん」→「ちっかあんちゃん」⇔(対義)「おっかあんちゃん」
《意味》末の兄、最も年齢の低い兄
《用例》「あんたのちっかんちゃんな…えらい野球の上手かげなねえ」
 →「あなたの末の兄さんは…すごく野球が上手だそうだな」

・「ちんこしばやし」→ちんこし(子ども:小さい者)+はやし(囃子:芝居)
《意味》子ども芝居

・「ちんまり」→ちん(小さい)+まり(丸くなる)
《意味》こじんまり、小さくまとまる、欠けたところがない
《用例》「チンマリ商売ば続けよったっちゃあ、先の見えとるばい…どえんかせないかん」
 →「こじんまりと商売を続けてたって、先が見えているなあ…何とかしないといけない」

【用例】
・いろいろあろうばってん離婚なしなんな、チサカ子供のおるとばい…よおと考えない
→いろいろあるだろうが離婚はするな、幼い子供がいるんだよ…よく考えなさい
・「あんたあ5年生んとい…3年生の俺よりチッカねえ」「だけん何やぁ…くらさるうぜ」
→「あなたは5年生なのに、3年生の俺より背が低いね」「だから何だ…殴ってやろうか」
・「チンマカけん…子供のいんかと思うとったら、おせいなっとうとげなね」
→「小さいので…子供の犬かと思っていたら、大人になっているそうだね」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ち」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】「ダメだ…こりゃ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「ち」の索引に戻る