つっかかりもっかかり

 

【標準語】つまずき…もたれかかり

【品詞】形容動詞

【意味】
・つまずきながら
・あっちこっちに絡んで物事のはかどらぬ様

【参考】「突きかかり+もたれかかり」:ぶつかったり、停滞したり

【同義】つっかかりもっかかり、ひっかかりもっかかり

【類義】ざーっといかん:物事が進まない

【用例】
・ツッカカリモッカカリばってん、何とか外人に伝わるぐらい英会話の上達したばい
→詰まったり停滞したりするけど、何とか外人に伝わるくらい英会話が上達したよ
・ほんな才能ななかけん、練習せないかん…初めて弾く曲なツッカカリモッカカリやもん
→本当の才能はないから、練習しなきゃ…初めて弾く曲は間違えたり止まったりだもの
・ツッカカリモッカカリ歌いよんなったばってん、筋のよか、もう聴かるるごとなっとう
→つまずきながら歌っていたけど、筋がいい、もう聴けるほどになっている

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「つ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「よく、落ち着いて読んでごらん」「むかし、むかし…あるところに…お爺さんと婆ァの…山に芝…いいや…えーと…いらしたらしいのですが、川に洗濯に行かれまして…ですよ…」「すぐに上手になる…よし、よし」「あれ?どこを読んでるいのかわからなくなっている」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「つ」の索引に戻る