~つぁい

 

【標準語】~(の方)へ

【品詞】助詞

【意味】~へ、~の方へ

【参考】方向や方位、方角をさす助詞

【同義】~さい、~さん(糸島市西部)、~つぁい

【凡例】
・あっつぁい(あっちさい)→あっちの方へ
・こっつぁい(こっちさい)→こっちの方へ
・そっつぁい→(そっちさい)そっちの方へ
・どっつぁい(どっちさい)→どっちの方へ
※「ち」と「さ」の音が連続する場合は「つぁ」に音変異する。

【用例】
・「どっツァイ行きよると?」「腹のせくけん、病院サイ行きよるとたい」
→「どこに行っているの?」「お腹が痛いので、病院に行っているところだ」
・こっツァイ来んで、あっツァイ行っちゃらん…そう、そっツァイ行って…もう来んのって
→こっちに来ないで、あっちに行ってちょうだい…そう、そっちに行って…もう来ないでよ
・こっツァイ、いや…あっツァイ、それとも…そっツァイ?どっツァイ行たがよかろうか?
→こっちの方、いや…あっちの方、それとも…そっちの方?どっちに行ったがいいだろう?

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「つ」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「こっちに…おいでよ。お・おじさんが、可愛がってあげよう」「ご指名だよ~」「げげ、おさわり魔の、ドスケベジジイじゃないの…」「いやーっ」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「つ」の索引に戻る