てぐあい

【標準語】手付き

【品詞】名詞

【意味】
・手付き、てさばき
・手の使い方

【用例】
・「ああた、包丁さばきの上手かねぇ…テグアイの料理人のごたあ」
→「あなた、包丁さばきが上手いねぇ…手付きが料理人のようだ」
・「指先なサトイモのごと太かとい、テグアイのよかけん…細か仕事な上手かっちゃもん」
→「指先がサトイモのように太いのに、手付きがよいので…細かな仕事が上手いんだもの」
・「ああたの…扇子ば回すテグアイなよかねぇ、踊りの先生よりか上手かごと見ゆる」
→「あなたの…扇子を回す手付きはいいねぇ、踊りの先生よりも上手なように見える」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る

イラストによる状況解説

 

【翻訳】
「見かけによらず、手付きがいいねえ。私より上手いよ…こりゃ、たまげた」「そ、そうですかぁ」「可愛い!本当に…おじさんが作ったの?」

■TOP画面に戻る
■「知っとう、博多・糸島弁」に戻る
■「て」の索引に戻る